8月16日までのトピックス


'95ユニバーシアード福岡大会への寄付・助成について

 6月27日(火)に(財)福岡市体育協会から(財)1995年ユニバーシアード 福岡大会組織委員会へ150万円寄付されました。

 7月4日(火)に福岡市獣医師会から(財)1995年ユニバーシアード福岡大会組織委員会へ20万円寄付されました。なお、福岡市獣医師会は、昨年9月23日にも20万円寄付されました。

 7月7日(金)にラブスターズデー’95実行委員会から組織委員会事務局長の町田英俊氏へ85,000円寄付されました。このお金は、7月1日(日)及び7月2日(月)天神コアで開催された「ラブスターズデー占い広場」の参加費(占い料:500円)から出されたものです。
参考:
 「ラブスターズデー」とは、中国の七夕伝説に基づき、「”年に一度織姫とひこぼしが逢う”=”年に一度の愛の日”=”ラブスターズデー”として誕生。天神地区を盛り上げようと、七夕に関する様々なイベントやキャンペーンを繰り広げている会。メンバーはシティリビング読者であるOLばかりの9人で組織されています。

 7月18日(火)に福岡市保育連盟から福岡市長の桑原敬一氏へ251,891円寄付されました。このお金は、7月16日(日)に開催された「保育のつどい」において、保育所(園)の保母、調理員からニバーシアード福岡大会のため募金されたものです。

 8月1日(火)に響きあう食卓展実行委員会の緒方世喜子様からユニバーシアード福岡大会へ100万円寄付されました。このお金は、8月1日(火)にシーホークホテル&リゾートにおいて、テーブルセッティング展示会「国際交流チャリティー・響きあう食卓展〜華のある36のテーブル」を開催され、その収益金です。

 8月1日(火)にライオンズクラブ国際協会複合地区ガバナー協議会から福岡市長の桑原敬一氏へ3,700万円寄付されました。このお金は、青少年の育成と国際交流の発展に資する奉仕活動の一環として、全世界から集う若い学生たちのユニバーシアード福岡大会を支援するため、このたび全国会員に賛同を呼びかけて集めたものです。なお、ライオンズクラブ国際協会337ーA地区は、4月10日に、40周年記念事業として、ユニバーシアード福岡大会のために、1,000万円を寄付されており、また、ボランティアとして多数の会員のご協力をいただくことになっています。

 8月7日(月)にリョーユーパングループから組織委員会事務局長の町田英俊氏へ100万円寄付されます。

 8月13日(日)に福岡市少年軟式野球連盟から組織委員会競技部長の千代島隆利氏へ10万円寄付されました。このお金は、福岡市少年軟式野球連盟が主催するとびうお少年野球大会(8月13日〜15日開催)が今年で10回を迎えたため、これを記念して寄付されたものです。

 8月16日(水)に(財)よかトピア記念国際財団から組織委員会副会長の桑原敬一氏へ3億円助成されました。このお金は、アジア太平洋博覧会ー福岡’89の成功を記念するとともに、その成果を有効に活用して、文化、スポーツ、経済、学術等の国際相互理解の促進と地域の振興、発展に寄与することを目的とされており、この度、ユニバーシアード福岡大会を支援するために助成されたものです。


カパプー大使、いよいよ福岡空港を出発。子供たちの絵が世界をつなぎます!

 ユニバーシアード福岡大会のオフィシャルエアラインである日本航空は、今
回、小学生のお子さんから絵を募集し、大使に見立てた大会マスコットのカパ
プーのぬいぐるみを、世界7都市に届け、また海外の子供たちからも返事の絵
を貰ってメッセージの交換をしようという企画を立て、作品を募集したところ、 たくさんのお子さんから問い合わせがあり、これまで約300点の作品が寄せ られました。
 日本航空では、これらのかわいい大切な絵を、シドニー・香港・プサン・ソ
ウル・ホノルル・サンパウロ・ロンドンの各都市の小学生に届けます。その第
一陣として、7月2日(日)にまず香港へ向けて出発しました。当日は、空港に
絵を募集してくれた子供たちの代表も駆けつけてくれました。どうぞ、子供た
ちのちっちゃな国際交流を応援して下さい!

第18回ユニバーシアード競技大会(1995・福岡)日本代表選手団公式服装発表会

 7月3日(月)にデザイン担当のコシノジュンコ氏を迎えて、第18回ユニバーシアード競技大会(1995・福岡)日本代表選手団公式服装発表会を行いました。

大会開催50日前の7月4日から、選手村宿舎にベッドを搬入します

 ユニバーシアード福岡大会の選手村では、8月16日の開村にむけて各国選手村の受入準備を進めていますが、大会開催50日前の7月4日から選手用ベッドの搬入を開始することにしました。

福岡ダイエーホークスの王貞治監督がユニバーシアード福岡大会特別応援団長に就任!

 大会開幕50日前となる7月4日を期して、福岡ダイエーホークスの王貞治監督が「ユニバーシアード福岡大会特別応援団長」に就任されることになりました。そのため、その委嘱式が7月4日(火)、13:00から福岡ドーム内クラウンドで行われます。
【参考】
1.就任の経緯
 特別応援団長を王監督にお願いしたらどうかという話は、福岡青年会議所から福岡市に提案があったもので、福岡市としては、福岡ダイエーホークス監督で、かつ世界の王貞治氏に福岡大会のイメージリーダーとなってもらえれば、市民の皆さんにも大変喜んでいただけるものとして、福岡市が同氏に打診したところ快く引き受けていただいたもの。
2.今後の取り組み
 大会広報紙その他の大会特集など多くのメディアを活用したPRの中で、王監督の顔写真・コメントなどを紹介することにより、市民総参加の大会のシンボルとして、また、市民の皆さんの精神的な支えとなっていただくもの。

記者発表のお知らせ

 7月5日(水)16:30〜、シーホークで記者発表が行われました。
 内容は、組織委員会副会長の選出、入賞メダル・ディプロマデザインの実物披露、入賞メダル・ディプロマデザイン検討委員長からのコンセプト等の説明。
 組織委員会副会長には、奥田八二組織委員会副会長の後任として麻生渡組織委員が就任されました。

 7月27日(木)14:30〜、ユニバーシアード福岡大会組織委員会事務局で記者発表が行われます。
 内容は、開・閉会式入場券の販売状況、聖火リレーの全体構成。(聖火台のデザイン、聖火トーチ、点火トーチ、聖火受皿等の作品をご披露致します。)

 8月1日(火)16:30〜、福岡国際ホールの16Fにて記者発表が行われます。
 内容は、発展途上国への財政援助等についてです。

 8月2日(水)13時〜、岩井ホテルでユニバーシアード福岡大会柔道競技(男子部)について記者発表が行われます。


入賞メダル・ディプロマデザイン

1.入賞メダル
デザイン:
デザイナー
 田崎真珠株式会社デザイン室
コンセプト
 まが玉を思わせる力強い形の中に、ユニバーシアード福岡大会のマークの一部があざやかに浮かび上がります。ユニバーシアードのメダルは、勝者を賛え、大会と福岡の想い出を永く記憶に留めていだたけるよう、個性的で生命感にあふれたシンプルな形を追求しました。
 モチーフになったまが玉は、護符と装身を兼ねたものと言われ、縄文時代や弥生時代の遺跡から出土しています。福岡近郊からも優美なまが玉が数多く発見され、豊かな歴史を物語っています。アジアの地形も重なってきます。
 深みある漆(Jpan)と輝く金・銀・銅の対比が美しく、表には"THE 18th UNIVERSIADE 1995 FUKUOKA"と大会名がすっきりと刻印され、知性と感性を融和させた若者の祭典に相応しいメダルになっています。
 リボンは、自然の風合を大切にした生成りの絹を用い、福岡伝統の博多織をアレンジした格調高いもので、スポーツのわき上がる鼓動を一本の赤い線に託しています。

2.入賞ディプロマ
デザイン:
デザイナー
 佐藤 優(九州芸術工科大学助教授)
コンセプト
 入賞ディプロマのデザインについては、入賞メダル同様に福岡大会の想い出を永くとどめてもらえるように、独自性を活かした今までにないデザインを採用しました。
 入賞ディプロマは、A4サイズの賞状とケースにより構成されており、ケースのデザインは、白地を基調としたシンプルなデザインで2つ折にしてツメで閉じられるようになっています。開けば、に立てて飾ることもできます。
 福岡の感性と思いやりを形にしたディプロマです。
記載内容:
・入賞者氏名
・国、または地域名
・順位
・競技と種目、記録
・日付
交付方法:
 競技の翌日、選手村において選手団代表を通じて交付。


合同練習会のお知らせ

選手村の入村式で歓迎の曲を演奏する中学校が、合同練習会を実施します。 日時は、7月8日(土)10時から1時間程度。場所は「アクロス福岡」福岡シンフォニーホールで城西・百道・姪浜・高取・原中央中学校が参加します。 目的:
 手村に入村した選手団を温かく迎えるため、入村式時に市内中学校吹奏楽部が演奏する歓迎曲の練習を、全出演中学校が合同で行い、演奏技術の向上を図る。

日本代表選手団公式服装

<コンセプト>
 太陽を赤ではなく、明るいイエローとチャコールグレーの光と影にて表現。行進の時、途中手を上げることによりサイドのイエローのラインがパッと見える活動的で華々しいイメージ。
1.式典用ブレザー
 イエローとチャコールグレーで胸元で切り換える。
2.式典用スラックス(男子)
 チャコールグレーに脇にイエローのラインで2タック入りシングル
3.式典用スカート
 チャコールグレーに脇にイエローのラインでミディ丈のフレヤースカート
4.ネクタイ・スカーフはなし
5.ワイシャツ・ブラウス
 イエローに白の前立てと台襟でネクタイ付きのように見えるデザイン
6.帽子
 イエローのキャップ
7.ポシェット
 ブラック

日本代表選手団に公式スポーツ品を提供

 以下の会社がスポーツ用品を日本代表選手団に公式スポーツ品を提供しています。

asics:

1.ウインドブレーカージャケット・パンツ:372セット(744点)
2.ポロシャツ:372枚
3.Tシャツ:744枚

mizuno:

1.シューズ:372点
2.キャップ:372点
3.バッグ:372点

DESCENTE:

 日本代表選手団372名が着用する、ジャケット・パンツ・ハーフパンツ・及びソックス(2足)を「アディダス」ブランドより協賛します。

選手村の設備

 選手村では、各棟の一階部分に合計1000ブースのシャワー室を集中して設置することにしていましたが、選手・役員の利便性を考慮して、20階建高層住宅棟(1棟)及び14階建高層住宅棟(2棟)の10階に集中シャワー室を設置し、全住戸の洗面所に給湯(お湯が出る)を行います。

ユニバーシアード福岡大会「表彰ボランティア」研修会の開催について

 ユニバーシアード福岡大会表彰式の中心的役割を担う、小・中学生175名からなる表彰ボランティアは、すでにプレユニバーシアードテニス大会での表彰式リハーサルを含む4回の研修会を実施し、表彰式の概要、表彰式の流れ、旗の扱い等について一通り基本的な研修を実施してきました。さらに本番に向けて万全を期す為に、7月8日(土)の13:30〜16:00まで舞鶴中学校体育館で表彰式の研修会を開催しました。
 なお、今回が全体で行う研修会の最後となり、今後は各競技毎に研修会を実施します。

マカオ大学スポーツ連盟の視察団の来福について

 7月10日(月)〜7月11日(火)にエルネスト バスト ダ シルバ選手団長、ジョアオ サンタナ ブランコ副選手団長、日置圭一(在日ポルトガル大使館 翻訳官)が、大会関連施設及び組織委員会各担当者との協議のために来日され、7月10日(月)16:30〜17:00は応援校区(和白校区)を訪問されました。

シンポジウム開催について

 8月7日(月)の13:30〜16:40、NHK福岡放送局テレビホールにおいて’95ユニバーシアード福岡大会市民の会主催で「国際スポーツシンポジウム’95」が開催されます。テーマは「スポーツイベントと都市」ーユニバーシアードが残すものーで、目的は8月に開催されるユニバーシアード大会の期待と効果、大会への市民のかかわり方などについて考え、市民及び関係者の本体会に対する関心の喚起と大会気運の構成を図るため。内容は、基調講演とパネルディスカッションです。

ユニバーシアード福岡大会プレスセンターの現地説明について

 ユニバーシアード福岡大会で、プレスセンターとして使用する福岡市総合図書館がこのたび竣工し、7月11日(火)の午後1時から午後3時まで、福岡市早良区百道三丁目901番53で建物施設が報道関係者に公開されます。これに併せてプレスセンターの概要説明を行います。なお、プレスセンターの仮設工事は、7月17日からプレスセンター開所(8月13日)の直前までかかる予定です。

地元銀行4行からのテレホンカードの贈呈について

 (株)福岡銀行・(株)西日本銀行・(株)福岡シティ銀行・(株)福岡中央銀行が桑原市長へテレホンカード13,000枚を贈呈しました。これは、ユニバーシアード大会に参加する選手・役員たちが、母国に電話する際に使用してもらうためです。
 その他、一般の方々からの善意により、これまで約22,000枚の未使用テレホンカードが寄せられており、今回の贈呈により、当初目標の30,000枚を超える結果となりました(累計35,000枚)。

障害者施設へのユニバクーポン券の贈呈について

 市内の中小企業(建設業)26社による親睦団体である福岡建友クラブが、地域社会の一員としてお約に立とうと、この度、障害者の皆さん(野々花学園第1、第2と早良更生園・白糸農園)に会員全員が、ユニバクーポン券を計300枚贈呈します。
 その贈呈式が7月13日(木)13時から福岡市民生局福祉部長室で行われます。

「ユニバーシアード福岡大会記念F(えふ)カード」の発売について

 「第18回ユニバーシアード大会1995福岡」の開催にあわせて、「ユニバーシアード福岡大会記念F(えふ)カード」を1,000円(大人券)で発売します。
 デザインは「金メダル」という発想から、ユニバーシアード福岡大会の金メダルで、 色は、金メダルということから、ゴールドと福岡の海をイメージしたブルーの2種類です。
 この記念F(えふ)カードは、5月8日のカード乗車券発売開始以来、初めて発売する記念乗車券です。
 7月13日(木)から限定各5,000枚発売します(売り切れ次第終了します)。売場は、定期券うりば・地下鉄構内売店他。

「1995年ユニバーシアード福岡大会」公式記念メダル発行

 日本アマチュアスポーツ協力会(東京・斎藤昭彦理事長)は、本年8月に開催される「1995年ユニバーシアード福岡大会」の公式記念メダルを発行します。同メダルは財団法人1995年ユニバーシアード福岡大会組織委員会の承認を受けた唯一の公式記念メダルです。
 発行・総販売元の日本アマチュアスポーツ協力会と株式会社第一ディスプレー製作所(東京・川島文男社長)は7月12日より予約販売受付を致します。
 デザイナーにはJリーグ公式メダル・デザイン等の実績がある俳優の原田大二郎氏(49才)を起用し、「学生スポーツの祭典に相応しい若々しさ、力強さ及びスポーツを通じた世界平和への願い」を表現しました。
 なお、お申し込みは開催地・福岡をはじめ全国有名百貨店等にて一斉に受付を開始します。発行は純金製メダル(直径25mm、重さ18g、120,000円)・純銀製メダル(直径40mm、重さ50g、20,000円)の2種類で、純金・純銀のセットも設定されており、デザインは何れも共通となっています。また発行枚数はそれぞれ純金メダル200枚、純銀メダル1,000枚の少量限定発行となっています。

お問い合わせ先・お申し込み先
 日本アマチュアスポーツ協力会
 東京都港区赤坂1ー7ー5昭和ビル
 TEL:03ー3585ー8261
 FAX:03ー3585ー8262
 担当:内藤 清

 (株)第一ディスプレー製作所宝飾事業部
 TEL:03ー3836ー2211
 担当:川嶌 康央

デザイン・コンセプト(原田大二郎氏)
 学問の象徴であるペンを跳び越える躍動感に満ちたアスリート。周囲に点在する球体は12の大会種目を象徴とすると共に、結合されつつある世界情勢をイメージしています。
 学生スポーツの祭典を通じ、世界平和を実現して欲しいおいう願いを込めてデザインしました。


櫛田神社でのユニバーシアード福岡大会開会式・閉会式入場券の販売について

 ユニバーシアード福岡大会閉会式では、博多祇園山笠がフィナーレを飾りますが、この度、博多祇園山笠振興会および櫛田神社のご協力を得て、櫛田神社社務所で7月12日から7月31日までユニバーシアード福岡大会の開会式・閉会式入場券を臨時販売していただくことになりました。

「FUKUOKAの火」の聖火リレーについての定例市長記者会見

 7月18日(火)午前10:30〜、ユニバーシアード福岡大会の聖火の一つ「FUKUOKAの火」の聖火リレーについて、桑原敬一市長による定例市長記者会見で発表いたします。

大学体育スポーツ調査にかかわる記者発表について

 ユニバーシアード福岡大会に併せて大学スポーツ研究会議(8月24日〜26日)が開催されますが、世界各国の大学体育スポーツの国際的動向を把握するために実施し、会議の中で報告する「大学体育スポーツ調査」の概要がまとまりました。
 それにつきまして、7月19日(水)15:30〜、本組織委員会大学スポーツ研究会議専門委員会の徳永幹雄大学体育調査部会長(九州大学健康科学センター教授)より発表いたします。

ボランティア緊急募集について

 ユニバーシアード福岡大会のボランティアを緊急募集致します。
1.募集人数
 2,200人(語学800人、一般1,400人)
2.活動時間・時間等
 8月16日〜9月5日、午後から夜間にかけての時間帯
3.申込先
 福岡市中央区天神2丁目6番1号
 (財)1995年ユニバーシアード福岡大会組織委員会
   支援スタッフ課 ボランティア募集担当 
   TEL:092ー732ー6601

「FUKUOKAの火」の聖火リレーについて

 ユニバーシアード福岡大会の聖火は、福岡で採火する「FUKUOKAの火」をはじめ、第1回のトリオ市等過去のユニバーシアード開催都市で採火する「ユニバーシアードの火」、アメリカ・オークランド市等の姉妹・友好都市等で採火する「友好の火」、大学生等の若者が採火する「若者の火」を開会式において、福岡ドームの聖火台に点火します。
 このうち、「FUKUOKAの火」については、福岡市では、平和の祭典であるユニバーシアードを記念して、日本が平和への第1歩を歩みだした8月16日に平和台陸上競技場で太陽光線から採火し、各区同時に7つのコースで聖火リレーへと展開します。
 リレーコースは、平和台陸上競技場で採火した聖火を7区に分火し、それぞれ各区の主要競技会場を出発点として各区役所をゴールとするもので7区を併せると、延べ39区間、51.1kmになります。
 この聖火リレーは、小学生から社会人にいたる614人の市民の皆様による聖火リレーへ隊により行われ、21世紀に向けて地球の未来と平和への願いを、世界に向けてメッセージし、世界各国から参加する選手・役員を温かく迎えようとする市民の皆様のホスピタリティを世界にアピールするとともに、大会の開会へ向けた機運をますます高めるものと思います。
 また、「FUKUOKAの火」は、9月3日の大会終了までユニバーシアードと市民をつなぐシンボルとして、それぞれの区役所等に展示・保管されます。
 なお、「FUKUOKAの火」のうち、宗像市では8月5日までに沖島で太陽光線から採火し、宗像市役所から宗像ユリックスまで、6区間、4.5kmのコースを市民66人により、また、春日市では8月19日に春日神社であんどん祭りの火から採火し、白水大池公園から春日公園あんどん祭り会場まで、7区間、6.4kmのコースを市民105人により、それぞれ聖火リレーが予定されています。

7月事務総長定例記者懇談会の開催について

 組織委員会では、毎月1回、事務総長による記者懇談会を開催し、ユニバーシアード福岡大会に関する最新情報をお知らせするとともに報道関係者の方々と意見交換をしています。
 7月の記者懇談会は7月17日(月)16:30〜、ユニバーシアード福岡大会組織委員会事務局で行われます。

ユニバーシアードの火(東京・神戸の火)採火式について

 ユニバーシアード福岡大会の聖火の一つである「ユニバーシアードの火」は、過去のユニバーシアード大会開催都市で採火し、福岡に運ばれて来ます。
 このうち、第5回大会開催地東京(1967年)及び、第13回大会開催地神戸(1985年)において、下記の通り「ユニバーシアードの火」採火式が行われますので、お知らせいたします。

                記

1.東京
(1)日時 1995年7月19日(水)13:30〜13:50
(2)場所 岸記念体育館テラス

2.神戸
(1)日時 1995年7月24日(月)14:00〜14:30
(2)場所 神戸市総合運動公園大会モニュメント前


「第18回ユニバーシアード大会'95福岡記念郵便切手」及び「模型航空世界選手権1995記念郵便切手」の発行について

1 発行する切手の内容

(1)第18回ユニバーシアード大会'95福岡記念郵便切手
名   称:第18回ユニバーシアード大会'95福岡記念
発 行 日:平成7年8月23日(水)
料   額:80円
発 行 数:2,500万枚
意   匠:マラソン
印面寸法 :縦35.5mm 横25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(発光検知)
シート構成:20枚(縦5枚・横4枚)
原画作者 :菊地 彰(郵政省技芸官)

(2)模型航空世界選手権1995記念郵便切手
名   称:模型航空世界選手権1995記念
発 行 日:平成7年8月25日(金)
料   額:80円
      50円
発 行 数:各2,000万枚
意   匠:ラジオコントロール・ヘリコプター
      ラジオコントロール・飛行機
印面寸法 :縦38.5mm 横25.0mm
版式・刷色:グラビア5色(発光検知)
      グラビア6色(発光検知)
シート構成:20枚(縦5枚・横4枚)
原画作者 :玉木 明(郵政省技官)

2 発行する切手の意匠について

(1)第18回ユニバーシアード大会'95福岡記念郵便切手
 切手の意匠には、マラソン競技で見られるトップ集団の競り合いの場面を描いています。

(2)模型航空世界選手権1995記念郵便切手
 ア.ラジオコントロール・ヘリコプター
  ラジオコントロール・ヘリコプターと選手及び助手の姿を描いています。
 イ.ラジオコントロール・飛行機
  ラジオコントロール・飛行機と無線操縦模型用送信機を描いています。

3.通信販売による申込方法

(1)郵便為替による申込み
 東京中央郵便局において、通信販売の取扱いを実施します。
 次に定めるそれぞれの締切日までに、郵便局に備え付けの「切手注文専用振替用紙」で別々にお申込みください。
ア.第18回ユニバーシアード大会'95福岡記念
 平成7年10月23日(月)
イ.模型航空世界選手権1995記念
 平成7年10月24日(火)

(2)郵便貯金の自動振込による申込み
 特殊切手やふるさと切手を継続して購入御希望の方は、1回の申込みで以後継続して切手の郵送が受けられる郵便貯金の自動払込制度を利用した通信販売サービスが便利です。郵便局に備え付けの「自動払込利用申込書」により、平成7年8月21日(月)までにお申込みください。


平成7年度納涼船の運航について

 夏休みの思い出づくりの一環として、多くの方々に対し、海との触れ合いや博多湾からの夜景のすばらしさ等体験していただくため、納涼船事業を行うもの。

1 一般納涼船の運航
期    間:7月15日(土)から9月3日まで
場    所:ベイサイドプレイス博多埠頭市営渡船乗場
時    間:博多発18時40分〜博多着20時40分
       (志賀島にて30分停船)
       なお、雨天時には運休することがある。
運    賃:大人1,600円小児800円
コ ー ス: 博多埠頭(18:40)→箱崎→名島沖海→の中道沖→西戸崎沖
       →志賀島着(19:25)→散策
       志賀島発(19:55)→能古島東沖→ももち沖→福岡ドーム沖
       →荒津大橋沖→博多埠頭着(20:40)
       (志賀島において、さざえ、わかめ、干物等海産物の売店が
       あります。)
乗船券の発売:当日売りのみ、1時間前から発売予定
定    員:先着250人程度

2 招待

(1)外国人留学生等の招待
日   時:7月14日(金)
定   員:250人程度
招待の理由:外国人留学生等の納涼船への招待は福岡市の施設等を広く諸外国
      にPRするとともに、ユニバーシアード福岡大会を盛り上げるため
      招待するもの。
担当部局: (財)福岡国際交流協会、(財)内外学生センター

(2)夏休みこどもプレゼント(親子連れの小・中学生無料開放)
期   間:7月15日(土)から7月31日(月)まで
対 象 者:親子連れの来客のうち小・中学生を無料にする。
      (先着順に受付、一般客を含め定員になり次第締め切ります。)
      【より多くのしみんに利用してもらうため、子供会、少年
      スポーツクラブ等の団体等は対象から外します。】
招待の理由:夏休みにかかる半月を小・中学生に開放して、船の遊覧を
      楽しんでもらう。

(3)ユニバーシアード福岡大会に参加される外国人の選手・役員へのプレゼント
期   間:8月16日(水)から9月3日(日)
対 象 者:ユニバーシアード福岡大会組織委員会が発行したADカード及び
      スタッフカードを持参された方を無料とする。
      (先着順に受付、一般客を含め定員になり次第締め切ります。)
招待の理由:福岡市の施設等を広く諸外国にPRするとともに、
      ユニバーシアード福岡大会を盛り上げるため開放するもの。


外国人留学生等の納涼船への招待について

1日  時:7月14日(金)博多発18時40分〜20時40分
2場  所:ベイサイドプレイス博多埠頭市営渡船乗場
      (船舶:パークライナー)
3参加人員:350人

体操競技グループ抽選会について

 7月25日(火)13:30〜、組織委員会1階第2スタジオにおいて、体操競技グループ抽選会が行われます。

量的エントリーの状況について

6月1日から、参加人数を確定するために量的エントリーを発送していましたが、締切日である7月23日現在で、82ヵ国・地域から3,729人のエントリーの提出がありました。

きれいな街で迎えよう!!ユニバーシアード「クリーンアップ・ふくおか」マラソンコースリレー清掃

 7月16日(日)〔小雨決行、雨天の場合は7月30日(日)に順延〕にユニバーシアード大会に向けての街の美化を呼びかける”きれいな街で迎えよう!!ユニバーシアード「クリーンアップ・ふくおか」”の取り組みの一つとして、大会のマラソンコースや競技会場に通じる道路の歩道及び天神周辺の歩道の清掃を行いました。

きれいな街で迎えよう!!ユニバーシアード「クリーンアップ・ふくおか」

きれいな街で迎えよう!!ユニバーシアード「クリーンアップ・ふくおか」実施について
1.目  的:ユニバーシアード福岡大会に向けての市民の環境美化意識の高揚
       、大会への市民参加の機会づくり及び大会に向けた気運の盛り
      上げを目的として、市民にユニバーシアード福岡大会の競技会場
      等の清掃を呼びかける。
2.主  催:クリーンアップ・ふくおか実行委員会
3.実施主体:市内に所在する市民団体、企業、大学及び行政
4.事業内容:
(1)7月17日(月)から9月3日(日)までの期間に、競技会場周辺、公共施設周
  辺の清掃をグループで実施する場合、実施グループからの申し出に基づき
  、ビニール袋、軍手、ほうき、ちりとりを提供する。
  (申込は各区役所振興課及び今宿出張所市民課)
(2)7月16日(日)から9月3日(日)までの期間、競技会場周辺及び競技会場に
  至る主要道路等に啓発用巡回車を走らせる。
(3)ポスターを作成し、公共施設や参加団体の事務所等に掲出する。
5.事務局:クリーンアップ・ふくおか実行委員会事務局
      〒810福岡市中央区天神1ー8ー1
        福岡市環境局管理部計画課内 TEL711-4308 FAX733-5592

ユニバーシアード福岡大会開閉会式の練習会について

 7月19日(水)と7月20日(木)に、ユニバーシアード福岡大会開閉会式の練習会が行われました。

(社)韓国青年会議所海外地区青年会議所からの扇風機の贈呈について

 韓国青年会議所の日本在住の会員で組織する海外地区青年会議所の第19回会員大会が、7月21日福岡で開催されるが、この会員大会の記念事業として、ユニバーシアード福岡大会に賛同し、選手村で使用する扇風機を250台寄贈しました。

30日前イベントを開催

 7月24日(月)12:00,13:00,15:00,17:00,18:00から15分間(5回)、天神イムズスクエアおよび福岡信用金庫前にて、イベントが行われました。内容は、MCによる説明、エントリー国・地域、開・閉会式、FMイベント局(9ヵ国語)、インターネット、世界へ放送されるユニバ、選手についてなどです。

ユニバーシアード防火講習を実施

 7月24日(月)13:30〜17:00、8月3日(木)13:30から17:00に対象者を回に分けて、福岡市民防災センターで防火講習を実施します。
対象者は
・競技会場の施設管理者または防火管理者等
・組織委員会から競技会場に派遣される会場管理の責任者等
・選手村における運営上の責任者等
・プレスセンター、ADカード発給センターの防火管理者および運営上の責任
 者等

香港選手団への香港在住日本企業からの支援について

1.経緯・内容
 平成7年5月15日(月)に「ユニバーシアード校区ふれあい事業」により香港を応援している香椎東・青葉両校区の代表選手団が香港大学体育協会を表敬し、同協会会長ドクターフランク・フ会長に市長親書を手渡すとともに同会長以下、列席の香港ユニバーシアード派遣代表団体本部役員と懇談した。
 席上、ドクターフランク・フ会長は、第18回ユニバーシアード福岡大会への参加について述べ、1985年第13回神戸大会の55人、1993年の第17回バッファロー大会の66人を大幅に上回る100人を越す選手団の派遣をしたいと表明された。
 以後、香港では日増しにユニバーシアード福岡大会への気運が高まり、100人規模の香港選手団を派遣するため、香港大学体育協会が中心となり派遣費用の一部とするため香港に拠点を置く日本企業等へ支援を要請を行いたい旨、香港の福岡県駐在事務所に申し出た。
 これを受け、香港日本人会と同福岡県駐在事務所が協力し、在香港日本領事館の賛同等により支援を募り、次の通り支援金が寄せられた。

2.支援金内訳(6月30日締め切り)
 計62件143,000HK$(1,627,340円)
 ※1HK$=11.38YEN
※この支援について、香港大学体育協会では予想外の金額であり大変喜んでいるとのことです。(というのも、香港大学体育協会では支援金の目標額の設定はしておらず、好意としていくらかでも集まればとのことで考えられていたようです。)


ユニバーシアード大会での水事情についての打合せ会

 ユニバーシアード福岡大会開催に伴い、6000人の選手役員を迎える選手村をはじめ、各競技会場やプレスセンターなで、及び大会期間中延べ57,000人の宿泊が予定されている市内のホテル等において関係機関にお願いするため、7月26日(水)午後1時30分から博多の森競技場の5階展望レストランにおいてユニバーシアード大会での水事情についての打合せ会が行われます。

ユニバーシアード福岡大会日本代表選手団の主将・旗手発表

<主将>
氏  名:斎藤 嘉彦(さいとう よしひこ)
競技名 :陸上競技
生年月日:昭和47年2月12日(満23歳)
出身大学:法政大学 経済学部卒
所属先 :(株)東和銀行
主な戦績:第25回オリンピック競技大会(1992/バルセロナ) 出場
     第12回アジア競技大会(1994/広島)       2位
     1991、93年世界選手権大会        出場
     第17回ユニバーシアード競技大会       2位

<旗手>
氏  名:田村 亮子(たむら りょうこ)
競技名: 柔道
生年月日:昭和50年9月6日(満19歳)
出身大学:帝京大学 文学部(2年)
主な戦績:第25回オリンピック競技大会(1992/バルセロナ) 2位
     第12回アジア競技大会(1994/広島)       1位
     1993年世界選手権大会           1位


『カパプー』バスカード第5弾発売開始

 西鉄では、8月1日(火)から、1995年ユニバーシアード福岡大会のマスコットキャラクター『カパプー』を用いたバスカードシリーズの最終版となる、第5弾の販売を開始します。
 『カパプー』バスカードが、西日本鉄道株式会社が同大会の公式スポンサーとして、大会の成功にむけて広く地域にアピールすることを目的にシリーズで販売してきたもので、平成6年4月に第1弾を発売以来、平成7年4月発売の第4弾まで、いずれも好評のうちに完売しています。
 今回販売を開始する第5弾は、聖火を持って走る『カパプー』をあしらったもので、大会開催を目前に控え、シリーズの最後を飾るにふさわしいデザインとなっています。
販 売 価 格:1,000円(利用額1,100円)
販 売 開 始:8月1日(火)から
販 売 枚 数:10万枚
販 売 場 所:福岡地区のバス車内・営業所、福岡バスセンター、
        博多駅交通センター、主な定期販売所、
        最寄りのパスカード販売取扱店など
お問い合わせ先:西鉄テレホンセンター・福岡(電話092-733-3333)

運営本部発足式について

 ユニバーシアード福岡大会組織委員会では、大会の万全な運営を図るため、8月1日から9月5日の間、組織を運営本部体制に移行します。
 つきましては、大会運営本部を設置するユニバーシアードプラザ(組織委員会事務局)の玄関に大会運営本部の看板を掲示するとともに、組織委員会副会長である桑原敬一福岡市長及び友池一寛運営本部長以下組織委員会職員出席のうえ、8月1日(火)11:00〜11:15、ユニバーシアードプラザ(組織委員会事務局)の1階玄関、フェスタスタジオ’95において運営本部発足式が行われます。

ボランティアへのユニフォーム・スタッフカードの交付について

 ユニバーシアード福岡大会のボランティアで、すでに配置が決定した皆さんへ、ユニフォーム(Tシャツ2枚、キャップ1個)とスタッフカード(自分証明書)を交付致します。
 第1回は7月30日(日)〜8月6日(日)午前10時から午後7時、福岡市立大名小学校講堂。第2回は8月8日以降、ユニバーシアードプラザ。

映画上映会について

 「アジアフォーカス・福岡映画祭」は、映画を通して市民のアジアに対する理解を深め、市民レベルでの文化交流、国際交流を進めていくことを目的に、毎年アジアマンス期間中に開催しています。
 今年で、第5回を迎えるので、特別プログラムとしてイラン映画を中心に、11ヶ国・地域、18本の作品を集め、9月14日(木)〜24日(日)の期間に上映します。
 また本映画祭に先立ち、8月23日(水)〜9月3日(日)まで、福岡を舞台に第18回ユニバーシアード福岡大会1995福岡が開催されます。同大会では、参加国・地域を分担し応援交流活動を行う「校区ふれあい事業」が展開されますが、本映画祭では、応援国に対する理解を深めていただくため、上映会を予定しています。
期 日 :8月8日(火)
会 場 :鶴田公民館(南区鶴田3ー7ー2/TEL 566-2593)
上映作品:「チック・タック」(1994年/イラン/カラー/65分)
上映時間:第1回午後1時〜、第2回午後2時30〜
※本作品はこどもから大人まで楽しめる作品で、当日は同校区から親子連れを中心とした参加を見込んでいます(入場無料)

国際ソロプチミストから選手村への"折り紙「鶴」"贈呈について

 国際ソロプチミストのみなさんが、福岡大会に参加する選手を温かく迎えようと選手へ"折り紙「鶴」"を贈呈されることになりました。

大会運営本部設置について

 (財)1995年ユニバーシアード福岡大会組織委員会事務局は、8月1日から9月5日までの36日間、大会の万全な運営を図ることを目的として、大会運営本部体制に移行しました。

「競技会場マップ」が完成無料配布します

 「ユニバーシアード福岡大会」を観戦される方のために競技会場が一目で分かる便利な「競技会場マップ」を8月8日から各区役所、IMS7階の情報プラザ、各競技場等市内案内所、ユニバーシアード組織委員会、選手村、市内ホテルなどで配布します。
 市内各地に点在する競技会場の位置関係が見渡せる広域マップには、鉄道路線図やバスの行き先番号を掲載し、駅から会場への道順は各会場周辺の拡大図で示して、初めて訪れる人にも安心して移動できりるようにしました。
 また、市内49の観光名所もイラスト付きで紹介して、幅広く使える福岡ガイドマップとなっています。
 なお、選手村では英語版を選手・役員へ配布します。
内 容 :各競技会場周辺案内図
     アクセスマップ(バス、地下鉄、大牟田線、JR)
     観光地リスト
発行部数:日本語版20万部
英語版 :3万部
料 金 :無料

1995年ユニバーシアード福岡大会参加選手へのうちわの贈与について

1.趣旨
 ユニバーシアード福岡大会へ参加する諸外国の選手等の方々に、日本の夏の象徴とも言うべき「うちわ」を贈り、来福した記念としていただくとともに、「うちわ」の片面に掲載している「英語版週間天気予報:NTT福岡情報案内センタ提供」の電話番号(092-735-0177)をお知らせすることにより、期間中の競技運営面及びスケジュール計画の一助としていただくことを目的として贈与されるものです。
2.日時
 8月8日(火)午後3時
3.場所
 ユニバーシアード福岡大会組織委員会事務局
4.贈与者
 NTT福岡情報案内センタコミュニケータ(1名)
 ※英語版週間天気予報の録音者の一人です。
5.応対者
 ユニバーシアード福岡大会組織委員会選手村部長
6.贈与本数
 10,000本

宗像市で採火された「FUKUOKAの火」の伝達式について

 ユニバーシアード福岡大会の聖火の一つである「FUKUOKAの火」が宗像市で採火され、福岡市に運ばれてくることになっています。
 この、「FUKUOKAの火」をユニバーシアード福岡大会組織委員会に受け渡す伝達式が8月6日(日)の11時40分〜12時25分、ベイサイドプレイスにて行われます。

携帯用小型(MCA)無線機の無償利用と機材の提供について

1.趣旨
 MCA移動無線機の利便性と普及の促進を図る目的で提供される
2.提供日時
 8月8日(火)午後3時30分〜
3.提供場所
 ユニバーシアードプラザ3階組織委員会事務総長室
4.提供者
 全国移動無線センター協議会
 会長園山重道
5.提供品目及び数量
 携帯用小型(MCA)無線機110基(基地局4基を含む)
6.応対者
 友池一寛組織委員会事務総長
7.利用方法
 組織委員会では、提供される無線機を警備輸送本部、選手村警備施設及び各競技会場等の関連施設に配置し、警備輸送本部からの一斉指令や緊張時の通信手段として活用する。

福岡空港センター及び博多駅センターの開所式の実施について

 1995年ユニバーシアード福岡大会に参加する選手・役員及び大会関係者が開催地「福岡」に最初に到着し、また最後に出発する玄関口としての福岡空港及び博多駅に大会運営本部のもと、センターを設置し、空港及び駅での出迎え、見送り、接遇、誘導及び輸送等の業務に万全を期することを目的とし、8月16日(水)の8:00から福岡空港センター事務室で、9:00から博多駅センター事務室で開所式が行われます。
------------------------------------------------------------------------------

ユニバーシアード福岡大会開・閉会式に伴う交通対策等について

開催日時:
 (1)開会式
  8月23日(水)15:00開場18:30開演〜20:50終了
 (2)閉会式
  9月3日(日)15:30開場19:00開演〜21:00終了
開催場所:
 福岡市中央区地行浜2丁目2番2号 「福岡ドーム」
警備体制:
 (1)県総合警備本部
   警察本部の設置されている福岡県警察ユニバーシアード福岡大会総合
   警備本部に開・閉会式交通対策隊を設置し諸対策を行う。
 (2)警備本部
   開・閉会式開場を管轄する中央警察署及び隣接する西警察署においては
   、警察署ユニバーシアード福岡大会警備本部において諸対策を行う。
 (3)交通対策従業員
   従業員
   ・警察官         51人
   ・自主整理員(ガードマン) 70人
   車両
   ・パトカー 5台
   ・白バイ  3台
交通規制:
 福岡ドーム入口交差点からシーホークホテル西側交差点までの間次のとおり
 交通規制を行う
 規制種別
  車両通行止め(大会関係車を除く)
 規制日時
 ・8月23日(水)14:00〜22:00
 ・9月3日(日)14:30〜22:00
交通対策(交通規制は除く):
 ・シャトルバスの運行
   福岡ドームには、一般観覧者の駐車場はないことから、公共輸送機関に
  よるほか、天神、博多駅及び中央埠頭臨時駐車場からシャトルバスが運行
  される。(都市高速道路経由)
 ・計画輸送
   大会関係車の集中を回避するため、関係車の時間差を設けた計画輸送を
  実施する。
 ・交通管制による情報の提供
   交通情報の収集に基づく情報を提供する。
 ・交通整理
   会場周辺道路の主要交差点に整理員を配置し、交通整理を実施する。
 ・駐車対策
   会場周辺道路上の違法駐車取締りを実施し、交通の円滑化を図る。

ユニバーシアード福岡大会参加選手等に対するサービスの提供について

 福岡市では、ユニバーシアード福岡大会に参加する選手・役員の皆さんを温かく迎え、市民とのふれあいの機会をより多く創出するとともに福岡をより理解していただくため、観光バスツアーなど下記の事業を行います。

1 観光バスツアー
  選手・VIPを対象に福岡市内の観光施設等を案内する観光バスツアーを
 延19回実施します。
(1)視察コース
 ◇市内周遊A[9:00〜17:00]5回<内1回VIP用>
  選手村〜美術館〜博物館〜マリゾン〜マリンワールド〜マリゾン・福岡タ
  ワー〜選手村
 ◇市内周遊B[13:00〜17:00]3回<内1回VIP用>
  選手村〜友泉亭公園(お茶)〜美術館〜鴻臚館跡展示館・福岡城址〜選手村
 ◇歴史探訪[9:00〜17:00]4回
  選手村〜太宰府天満宮〜板付弥生の村〜(昼食)〜櫛田神社・「博多町家」
  ふるさと館〜東長寺〜博物館〜選手村
 ◇伝統工芸[13:00〜17:00]3回<内1回VIP用>
  選手村〜博多人形工房〜博多織会館〜「楽水園」(お茶)櫛田神社・「博多
  町家」ふるさと館〜選手村
 ◇海釣り公園[8:00〜12:00]2回
  選手村〜海釣り公園〜選手村
 ◇聖福寺座禅[13:00〜15:30]2回
  選手村〜聖福寺(座禅)〜選手村
(2)実施体制
  選手等(40名)と語学ボランティア、観光ボランティア等の随行員
(3)実施期間
  8月22日から9月3日まで

2 玄海灘クルーズ
  選手・役員に博多湾を紹介するとともに、選手等と市民との交流を船上で
 行います。
(1)実施日等
 1実施日時
  平成7年8月30日(水)11:00〜15:00
 2使用船舶
  カメリア
 3コース
  選手村〜博多湾〜玄海島〜博多港〜選手村
(2)実施体制
  選手等(40名)と語学ボランティア等の随行員

3 観光・文化施設の入場料免除
  福岡市美術館等の文化施設入場料を免除し、福岡の文化等に気軽に体験
 してもらいます。
(1)対象施設
  対象施設名       免除内容
  福岡市美術館      常設展示への入場
              特別展示「日本美術の中の西洋」への入場
  福岡市博物館      常設展示への入場
              特別展示「装い〜日本女性の美〜旧吉川親方
              コレクション」への入場
  「博多町家」ふるさと館 入場
  友泉亭公園       入場
  楽水園         入場
  動植物園        入場
  ※福岡タワーとマリンワールドは、入場料の特別減額を行います。
(2)期間
  平成7年8月16日から9月5日まで(選手村開村日から閉村日まで)
(3)対象者
  ユニバーシアード福岡大会組織委員会からADカードの発給を受けている人。

4 地下鉄等の乗車サービス
  選手・役員が市内見学や観光できるよう、地下鉄の乗車カードを配布します。
(1)期間
  平成7年8月16日から9月5日まで(選手村開村日から閉村日まで)
(2)対象者
  大会に参加する選手・役員および報道関係者
(3)対象路線
  地下鉄線内(空港〜姪浜、中州川端〜貝塚)
  ※なお、西鉄バスについても、選手・役員を対象に同じ期間、福岡市内の
  乗車バスに限り自由に乗れるサービスを実施します。


ウォーキングガイド「FUKUOKA ON FOOT」作成について

 外国人観光客等を対象に福岡市内の文化観光施設や旧所名跡をエリアに分け
 、地下鉄路線を中心に地図入りで詳細に英文で作成したガイドブック
 「FUKUOKA ON FOOT」ができました。

1 目的
  ガイドブック「FUKUOKA ON FOOT」は、外国人が自分の足で福岡を
 発見していただく目的で、ビューロー職員、ディビット・エドワーズ
 (英国・ロンドン出身)が自分自身の足・目・耳で感じた福岡をわかりやすく
 紹介するものです。今回、ユニバーシアード福岡大会の開催を契機に、
 大会参加外国人選手、役員、報道関係者や外国人観光客を対象に市内各所で
 配布します。

2 対象エリア
 ・ルート1  天神駅→博多駅
 ・ルート2  博多駅→天神駅
 ・ルート3  博多駅→箱崎
 ・ルート4  天神駅→博多埠頭→天神駅
 ・ルート5  天神周辺
 ・ルート6  中州(夜間)
 ・ルート7  天神駅→福岡城址→大濠公園→天神駅
 ・ルート8  大濠公園駅→南公園→天神駅
 ・ルート9  大濠公園駅→愛宕→室見駅
 ・ルート10 百道周辺
 ・ルート11 能古島

3 作成部数
  10,000部

4 配布場所
  ユニバーシアード選手村(観光案内所・プレスセンター)
  福岡市観光案内所(JR博多駅)
  レインボープラザ(イムズ8F)
  国際ひろば(アクロス福岡3F) 外

5 問い合わせ先
  財団法人福岡観光コンベンションビューロー総務部
  担当:エドワード、西村
  住所:福岡市中央区天神1ー10ー1(市役所北別館5F)
  TEL:092ー733ー5050
  FAX:092ー733ー5055


競技日程(タイムスケジュール)小冊子について

 ユニバーシアード福岡大会組織委員会が、競技日程(含タイムスケジュール)の小冊子を制作しました。競技観戦ならびに競技別入場券ご購入の際に、市民の方にひろく利用していただくことを目的とし、配布するものです。

名称:
 競技日程(タイムスケジュール)小冊子

配布場所:
 ・市内7区役所
 ・ユニバーシアード福岡大会組織委員会
 ・ユニバーシアード大会推進室
 ・市内および各競技会場案内所

配布時期:
 各区役所、組織委員会、大会推進室は14日(月)より配布
 市内および各競技会場案内所は22日(火)より配布

発行数:
 総数70,000部(無料)

掲載内容:
 ・開・閉会式タイムスケジュール
 ・12競技の日程(8月2日現在)、競技種目、予定時間、予選・決勝の別等
  を詳しく紹介
 ・競技会場への交通手段
 ※競技日程は、8月2日現在の予定です。エントリーの増減その他の理由に
 より変更になることもあります。

(問い合わせ先)
 (財)1995年ユニバーシアード福岡大会組織委員会
 広報課 坂口 TEL733ー5214


世界スポーツ紀行贈呈

 西日本新聞社作成の冊子「世界スポーツ紀行」がユニバーシアード福岡大会組織委員会に贈呈されることになりました。

贈呈冊数:選手村6,000冊プレスセンター1,500冊合計7,500冊
内容紹介:変形B5版、176頁、オールカラー
     「ユニバーシアード福岡大会」の開催記念に、現地取材等により
     世界26ヶ国・地域の民族スポーツや国技35競技が、日本語、
     英語の対訳によりカラー写真を交えて紹介されています。
      また、巻末には、日本をはじめ、世界多くの国・地域からの
     ユニバーシアード参加者に対し理解を深めてもらうため、福岡の
     歴史、文化、観光や九州各県の見所が写真で紹介されています。


日本代表選手団の入村について

 日本代表選手団372名が選手村に入村します。

陸 上 競 技 :93名
水      泳:63名
サ ッ カ ー :24名
テ  ニ  ス :13名
バレーボール  :33名
体      操:21名
バスケットボール:33名
フェンシング  :21名
柔      道:27名
野      球:27名
本      部:17名
    計   :372名


JOCプレスオフィスのオープンについて

 JOCプレスオフィスではメインプレスセンター(福岡市総合図書館1Fホール)内にプレスオフィスを開設(8月16日)致します。日本国内・国外約4,000名のプレスの皆様に対応させていただく予定です。
 日本代表線手団プレスアタッシェ、後藤忠弘氏を責任者として、各競技団体から1名サブ・プレスアタッシェを指名、各競技のプレス対応をすることになております。
 また、JOCプレスオフィスでは後藤プレスアタッシェ、ボランティア通訳1名とJOC事務局職員1名を加えた計3名で対応致します。

「若者の火」聖火リレー及び「FUKUOKAの火」(春日の火)伝達式について

 ユニバーシアード福岡大会の聖火の一つである「若者の火」は、ユニバーシアードの「主人公」である若者(学生)たちによる企画・運営によって採火式、聖火リレーと、春日市で採火された「FUKUOKAの火」の伝達式が下記のとおり行われます。

               記

1 「若者の火」採火式・聖火リレー
 (1)採火式
  1日  時 8月19日(土)15:00〜16:00
  2場  所 大濠公園内福岡市内美術館北庭
  3採火方法 木の摩擦熱を利用して採火を行う。
 (2)リレー
  1日  時 8月19日(土)16:00スタート
        8月20日(日)10:00ゴール
  2場  所 大濠公園外周コース
 (3)着火式
  1日  時 8月20日(日)10:30〜10:45
  2場  所 大濠公園内福岡市内美術館北庭

2「FUKUOKAの火」(春日の火)伝達式
 (1)日  時 8月19日(土)17:30〜17:45
 (2)場  所 春日公園
 (3)進行概要 1.ランナー入場
         2.聖火台へ点火
         3.市長、聖火から点火棒で火を採りランプに点火
        4.ランプを組織委員会事務総長へ
        5.組織委員会事務総長挨拶


ユニバーシアードイルミネーションオブジェ点灯について

1概要
 選手村に滞在する選手・役員に楽しんでいただくため、選手村ビーチにイルミネーションを設置するもの。

2設置内容
 ・ユニバーシアード大会の「U」マークをモチーフにしたメインオブジェ
  (高さ7m)1基
 ・5大陸を表す星を形ったオブジェ(高さ5.5m)3基
 ※電球の総数は約10,000個

3点灯期間および時間
 (1)点灯期間 8月19日(土)〜9月6日(水)
 (2)点灯時間 19:30〜22:00

4点灯式
 (1)日時   8月19日(土)19:30
 (2)場所   選手村ビーチイルミネーション前
 (3)式次第 ・概要説明
       ・挨拶(湯川 常博 西区長)
       ・点灯


福岡市消防少年団の支援活動の実施について

1日時
 8月20日(日)
 8月27日(日)の2日間
 10:00〜12:30

2場所
 第18回ユニバーシアード大会1995福岡選手村

3活動主体
 福岡市消防少年団
 (1)8月20日(日)…博多、南消防少年団〜約120人
 (2)8月27日(日)…東、中央、早良、西消防少年団〜約250人

4目的
 ユニバーシアード大会の成功を側面から支援するため、消防少年団の合同活動において、奉仕活動を行いながら外国人選手等とのふれあいを通して国際的知性を養い、あわせて消防少年団の活動を広くPRすること。

5実施内容
 (1)10:00〜11:30
   選手村内の清掃ボランティア(周辺歩道を含む)
 (2)11:30〜12:00
   選手村施設見学


「ユニバーシアード校区ふれあい事業」について

 「ユニバーシアード校区ふれあい事業」は、ユニバーシアード福岡大会に参加するすべての国・地域(日本を除く)の選手たちを市民総ぐるみで温かく迎え、大会を盛り上げるとともに、この大会を契機により一層の市民の国際交流の促進を図っていくため、各小学校区単位で参加国・地域を分担して各種の応援、交流事業を実施するものです。
 このふれあい事業の主な活動は、
 1 大会に参加する国・地域についての学習
 2 歓迎、交流活動
 3 競技の応援等
で、昨年8月に応援国・地域が決定して以来、各校区でさまざまな勉強会や交流会が行われています。例えば、参加国・地域についての学習会は留学生、在日外国人、該当国の生活経験者等を講師として歴史、風土、文化等の学習会を行ったり、各国料理の講習会の開催をする一方、この大会に参加する選手・役員への郷土色あふれるお土産づくりや競技を応援する際の国旗づくりなど、多様な活動がなされてきました。
 福岡での具体的な交流計画は、各国・地域の選手団の入村式後に各校区の代表者との対面式を行い決めています。

ユニバーシアード福岡大会開催記念”スポーツ博多人形(12競技)”の贈呈について

 博多人形商工業共同組合では、福岡大会の開催を記念して、本大会で実施される12競技のスポーツをテーマにした博多人形を製作し、(財)1995年ユニバーシアード福岡大会組織委員会に贈呈します。

第18回ユニバーシアード大会’95福岡記念郵便切手贈呈

 スポーツを通じた世界平和と国際交流親善を図る観点から記念郵便切手を発行し、その「初刷切手」及び「郵政大臣名の贈呈状」を収めた額を組織委員会へ贈呈されるもの。

サッカー競技場での撮影について

 サッカー競技場での撮影について、一部に混乱があったので、改めてご連絡します。
1.ゴール裏のフォトグラファー・ポジションは、取材ガイド掲載の画面にした
 がってください。タッチライン側へはみ出して撮影することは認められて
 いません。
2.試合(プレー)中の移動は慎んでください。タッチライン付近を移動して、
 ゴール裏のポジションに入らないようにしてください。
3.フォトグラファーとENGがスタンドで撮影する場合、観客、役員、記者の
 視線をさえぎるようなところに立たないでください。
4.皇太子殿下のご観覧のときは特別の方法を取ります。別の指示をお読み
 ください。
5.その他、特別の場合は、別の方法をとることがあります。その場合は、
 プレスセンター内に掲示を出しますので、ご注意ください。

サッカー場のスタンドの撮影ポジションについて

 サッカー会場のスタンドの撮影位置は、取材ガイドブック記載の画面が不適当だったため次のように変更します。
1.博多の森球技場のカメラ位置は、
2.

1つまえのページにもどる

ホームページに戻る