]
西日本新聞

ユニバーシアード直前情報

1個でも多くの金メダルを

'95ユニバーシアード福岡大会のアメリカ選手団が19日、福岡市東区箱崎の筥崎宮を参拝し、大会での必勝を祈願した。米国を応援している校区で地元に筥崎宮がある筥松、松島校区が『大会で1個でも多くの金メダル獲得を』と招いた。このあと選手団は両校区主催の夏祭りを訪れ、地域住民と交流した。
校区側は警備上の理由などで招待選手を50人に絞ったが、参加を希望する選手が多く、米国側は参加メンバーをくじ引きで決めたという。
西区の選手村からバスで到着した選手らは、星条旗と必勝の二文字を染め抜いた鉢巻き姿。校区役員や地元の子供たち約50人が見守る中、神前に玉ぐしをささげ試合での安全とメダル獲得を祈った。ジャパニーズ・スタイルの必勝祈願を初体験したフェンシングのニック・ブレイベン選手(24)は『勝ことよりも、市民の心遣いに感激している』と興奮気味。
夏祭り会場の松島小学校では、約千人の市民が拍手で出迎え。一行は盆踊りや金魚すくい、ヨーヨー釣りにも挑戦し、祭りムードを味わった。


 記事提供 西日本新聞社
前にもどる

ホームページに戻る