西日本新聞

 人ドラマチック

『 夏休みも返上 鼓隊の猛練習 』 松澤 望さん(12)

 ’95ユニバーシアード福岡大会で国際大学スポーツ連盟旗を先導する南当仁小学校鼓隊。晴れの舞台で三十七人の隊員の先頭に立つ少女指揮者が松沢さん。
 「開会式会場の福岡ドームは南当仁小(中央区鳥飼二丁目)の校区ない。地元校として、急ごしらえで鼓隊を編成したのは四月。大、中、小のドラムやシンバルなど、メンバーの大半が手にするのは初めてだった。
 「この三ヵ月間は練習漬け。炎天下の運動場や蒸し暑い体育館で、汗だくになってスティックを叩き、リズムを合わせる。それだけでも難しいのに、更に行進まで加わる。「本番までプールも返上。宿題も…」
 金色の指揮棒を操る姿はりりしい。が、全員の足並みをそろえるのは並大抵ではない。いつもの夏のように遊べないけれども「最高の夏にしたい」という三十七人の気持は一つだ。


 記事提供 西日本新聞社
前にもどる

ホームページに戻る