決勝リーグ

第1試合 アンナマリア・ジメコメッティ選手(ITA)
         vs
      イルディコ・ミンツァ選手(HUN)


 ついに決勝のバトルが開始された。なかなか両者ともポイントが取れなかったが、1ポイント目はイルディコ・ミンツァ選手が気迫で決めた。1ラウンドは2対2の同ポイントで終った。(両者とも譲らずの攻防だった)。
 2ラウンドは4対2とイルディコ・ミンツァ選手がリードしていたが4対4の同ポイントとなった。イルディコ・ミンツァ選手が10対6と少しずつポイント差を広げてきたかと思ったらアンナマリア・ジメコメッティ選手が8対10と詰めよってきた。
 さぁ、最後のラウンドだ両者とも気合いが入っているようだ。3ラウンドが開始してから10対10の同ポイントとなり試合が面白くなってきた。イルディコ・ミンツァ選手のコーチも熱が入ってきて、それにつられたのか両方の応援団もかなり盛り上がってきた。均衡を破ったのはアンナマリア・ジメコメッティ選手でどちらかがポイントを奪うたびに、応援団がかなり熱の入った応援をしていた。
 試合は15対12とアンナマリア・ジメコメッティ選手が勝利を納めた。アンナマリア・ジメコメッティ選手は大喜びで、応援団に胴上げをしてもらい凄く嬉しそうだった。


フェンシングの試合結果に戻る

競技結果に戻る