ユニバーシアード閉会式

博多祝い歌

暗闇の中から「オッショイ」の掛け声がうねるように聞こえてくると、提灯を手にした男達が威勢よく登場する。無数の提灯の光が絡みあうように流れ、やがて水法被に締込み姿の500名ほどの男衆が整然と立ち並ぶと、伝統的な「博多祝い歌」が唄われ博多の心意気が会場を満たす。やがて男達は、入場口の山笠に取り付き、太鼓の音と共にかき出す。 山笠は「櫛田入り」よろしくフィールドを周回する。もう1台の山笠も「追い山」を再現するようにこれに続く。博多の心が息づく勇壮な博多祇園山笠の世界が披露され、手一本とともに、閉会式を締めくくる。
前のページに戻る

メインメニューに戻る