閉会式会長挨拶

ユニバーシアード福岡大会閉会式会長挨拶

名誉総裁皇太子殿下、皇太子妃殿下のご臨席をいただき「第18飼いユニバーシアード大会1995福岡」は、ここに閉会式を迎えました。

8月23日から本日までの12日間にわたったこの大会は。世界162か国・地域から6、000人有余の選手・役員の参加を得て、ユニバーシアード大会史上、最大規模の大会となりました。

各競技における選手の皆さんの活躍、大会運営を支えていただいたボランティアをはじめとする関係者の尽力、そして大会参加者はもちろん、市民をも含めた友好交流は、「スポーツはかるく国境を越える」の大会スローガンのもと、全世界の人々に向けて、平和と友好のメッセージを発信することが出来たと確信いたします。

この大会の成果が、さらに大きく広がるとともに、2年後に再びイタリア・シシリーで再会できますことを心から期待いたします。

プリモ・ネビオロ国際大学スポーツ連盟会長、全世界からご参加いただいた選手・役員の皆様、各競技団体の皆様、そして大会を盛り上げて頂いた市民の皆様、ありがとうございました。


前のページに戻る

メインメニューに戻る