9月3日(日)  マラソン 会場:福岡ドーム(市内道路)

9月3日(日)
  マラソン 会場:福岡ドーム(市内道路)

★結果★

男子
 優勝 MORIKAWA,Takaki       JPN    2:21:32
    優勝ゴール!!おめでとう!
 2位 MUTURI,Patrick        KEN   2:24:29
 3位 KIM,Yi young          KOR   2:24:43

 FURUI,Yasuhiro選手、惜しくも入賞できなかったが、健闘をたたえました。
女子
 優勝 KUSAKAYA,Masako      JPN     2:53:03
    ゴールとともに倒れこんでしまうが、最後のふん張りを見せてくれ
ました。
 2位 OTANI,Nao          JPN     2:57:09
    体力的にもかなりダメージを受けていたが、最後まで頑張りました。
 3位 KLINNERT,Kristi       USA     2:57:29

 KOIKAWA,Natsue選手ゴールの3km手前の地点で、たおれる寸前まで
精一杯力をふりしぼり頑張って走ろうとしていた。その様子をドームで
見ていた観客誰もが、「がんばれ、がんばれ」とつぶやき、心配そうな
顔をして見守っていた。しかし脱水症状をおこし担架で運ばれ棄権せざる
おえなくなってしまった。

※今回のマラソンは、湿度87%とかなり高く選手にとっては、最悪のコンディションをむかえる原因でもあった。

★内容★

・観客席の応援団
・走る前に準備を行う選手達
・「イベラ イベラ」と、韓国30、40人の応援団
・スタート2分前の男子選手出場者をチェックする審判とトムハンクスに
 似ているイギリスの選手達

・スタート2分前の異常に身長が高く見える選手は、実はJUMPしている。
 その他の選手緊張のあまりうつむきかげんの様子。
・スタート2分前の女子選手とても緊張している様子の212番
 OTANI,Nao選手
・男女合わせて30人の選手達一斉にスタート!!
・ドーム内を駆け回る男子選手。これから先どうなるか…!?
 とにかくFIGHT!
女子10人の選手達色あざやかなユニフォームでゲートを出る。
・6.55km地点(ヨカトピア周辺)を走る選手達。先頭は447番の選手。
・ゼッケン334番のMORIKAWA,Takaki選手1人とび出し。この選手
 琵琶湖マラソンで5位だったという。
・出発20分後沿道に朝早くから予想以上の人。その頃ドーム内はくものこを
 ちらすみたいに人々は少なくなっていた。
福岡県警警察機動隊
・日本の勝利に対する祈りが込められている日の丸の旗
MORIKAWA,Takaki選手月柱冠を受け取り喜びの笑顔!

●折り返し地点にて

・ゼッケン199番のKOIKAWA,Natsue選手
・参道の人々に見守られ通過するゼッケン201番のKUSAKAYA,Masako選手
・選手が来るのをいまかいまかと待ち構える観客の人達
・金メダリストのMORIKAWA,Takaki選手と銀メダリストのMUTURI,Patrick
 選手の2人でトップを競う
・30km地点を通過するゼッケン320番のFURUI,Yasuhiro選手
 結果は4位だった。
・30km地点を通過するゼッケン447番のCRUZ,Alejandro選手
 結果は5位だった。
・苦しそうに走るゼッケン316番のCHIBA,Nobuhiko選手
 折り返し後、コンビニのトイレに駆けつけたらしい。


競技結果のメニューに戻る

メインメニューに戻る