元冠防塁跡・元冠資料館

13世紀、蒙古軍の襲来に備え、当時の幕府は博多湾の海岸 線20kmにわたって防塁を築きました。現在は、その跡が今津、 生の松原、西新で見学できます。また、東公園の元冠資料館には、 元冠に関する絵巻物、鎧甲などが展示されています。

前のページに戻る

メインメニューに戻る